太陽光発電サポーター ~太陽光発電の設置、ビジネス化を検討する個人・企業向けの情報提供サイトです~

住宅用太陽光発電を検討したい

産業用太陽光発電を検討したい

モジュール、パワコンのメーカーについて知りたい

税金対策としての太陽光発電と事業性に着いて知りたい

既に設置、もしくは検討しているが、詳細シミュレーションやメンテナンスについて知りたい

太陽光発電の幅広い情報を収集したい

クラブについて

太陽光発電について本当に知りたい情報を提供します

2012年7月にスタートした、再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、太陽光発電の設置容量が爆発的な伸びを示しております。
従来と違い、設置検討をされる方が、これまでの戸建の家主から、企業、地主、サラリーマンと多様になってきました。
また、10kW以上の市場が急拡大し、投資金額も増加した事で、より様々な知識や情報が必要になってきています。
 本サイトでは、太陽光発電の検討や情報収集にあたり、一般的にあまり知られていないような情報や、本当に見るべきポイントについて情報提供するサイトとなります。
 太陽光発電の業界は日々変わっておりますので、タイムリーで本当に役に立つ情報提供してまいります。

太陽光発電サポーター Twitter

太陽光発電サポーター Facebook

topbg_top.png

topbg_bot.png

topbg_top.png

REPORT

太陽光パネル傾斜屋根自身(自社)で設置対象について確認する
具体的な検討に入る前に、まずは、自身(自社)で検討する対象が、設置に適当かどうかをある程度判断した方が良いでしょう。 一見、業者が判断するべきポイントもあるように感るかと思いますが、自身でも現状を把握しておく事で、 業者の反応が良くなったり、検討がスムーズに進むことにも繋がります。


太陽光パネル影実際の見積で業者とメーカーを比較検討する
以下の見積比較サイトや、知り合いの業者等数社から見積もりを取るようにしましょう。1社だけですと、適正な価格が分からず、比較検討ができません。 住宅用に比べて、投資金額も大きく、20年間という長期に渡る設備導入ですので、慎重に選んでください。


太陽光パネル影実際にかかる費用を細かくシミュレーションする
各業者から、現地調査と見積とシミュレーションが出てきた後で比較検討をする事になります。 ここで、1つ重要なポイントがあります。 業者にもよりますが、初期費用でかかる費用、毎年かかる費用すべてを提示しない企業がほとんどです。


太陽光パネル影条件交渉・資金調達・意思決定
ある程度出そろった段階で、条件交渉に入りましょう。 あまりに値切ったり、たたき合いの状況を作り出してしまうと、業者の対応が変わる場合もありますので、適度に交渉を進めて頂いた方が結果的に円滑に進む場合があります。 [ch0]


topbg_bot.png

おすすめスポット

太陽光発電 ソーラー パネルメーカー一覧へ太陽光発電 ソーラー パネルメーカー一覧へ